ガラス修理のついでにガラスの機能をアップ~リフォームで生活充実~

住宅街

防犯ガラスで犯罪抑止

内観

「ガラスが割れちゃった」というときには、すぐに直してくれる業者さんに電話して来てもらって、見積もりをもらって実際にガラスを替えてもらって……というような手順でガラス修理を行なってもらうわけですが、同じようなガラスに替える前に、ちょっとだけ考えてみましょう。
現在では、窓ガラスで変えられる生活のさまざまな便利なことがあるのです。
たとえばざっと挙げるのであれば、防犯とか防音、エコロジーなど、さまざまな分野に渡るものです。
ガラスをちょいと替えるだけで、防犯対策にもなるし防音対策にもなるし、地球にやさしい感じにもなれる!というわけです。
こんなちょっといい話はほかにないぜ……というわけで、ここからは、どのようなガラスを使って――どのようなガラスに変えることで、どのように生活を変えていくことが出来るのか?ということを、見ていきましょう。

まずは防犯ガラスです。
人さまの家に窓を割って入り込もうという不埒な輩を追い払うには、防犯ガラスがオススメです。
防犯でもっとも重要なのは、「割れない」あるいは「割れるまでに時間がかかる」ということなのです。泥棒たちの多くが、窓を割るのに5分以上かかると、ヤバいと感じ、逃げ出すのだそうです。逆に割れやすい通常のガラスを使用していると、泥棒に入られる可能性が高くなるので注意が必要です。
二枚のガラスのあいだに一枚、伸縮性のある膜を入れることで、泥棒の持つトンカチなり何なりの道具がガラスを突き破りにくくなるのです。
時間がかかり、連中は逃げるという寸法なのです。